モニターで稼ぐ方法|Step13

モニターで稼ぐ方法

この記事では、モニターで稼ぐ方法を紹介していきます。

モニターで稼ぐ方法

モニターで稼ぐとは、モニターサイトを利用して座談会や会場調査に参加して稼ぐ方法です。

前のstepの「アンケートで稼ぐ方法」と根本的には同じで、企業が聞きたい情報に回答します。モニターでは、アンケートと違い、聞きたい情報を、もっと具体的にもっといろんな角度から知るために行われます。

モニターの依頼は、登録者の条件や状態にあわせておこなわれます。ですので、いろんな種類のモニター系サイトに登録することで、依頼を受けられる可能性が高くなります。

非常に需要の高い分野で、これからもどんどん発展していく稼ぎ方です。外出が苦にならない人は進んでやっていきましょう。

モニター案件に特化した『ファンくる』やポイントサイトの案件を利用します。モニターにも種類があり、大まかに分けると以下のようになります。

  • 座談会
  • 会場調査
  • 自宅訪問調査
  • 覆面調査(ミステリーショッパー)

 

座談会

座談会では、指定された日時に会場へ行き、ほかの参加者とテーマについて討論したり、司会者(プロ)の質問に答えたりします。

テレビなどで、主婦の方が集まって、食品の新商品を試食しているシーンなどを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?あれが座談会です。

二時間ぐらいで終わるものが多く、謝礼は6,000円~15,000円が相場のようです。このモニターでの報酬は、座談会の終了後に現金で受け取ることもあれば、相当額の商品券が配られることもあります。

座談会は、モニターの稼ぎ方では、もっとも利益のでる稼ぎ方のひとつです。難点があるとすれば、首都圏でなければ参加が難しいということでしょうか。

 

会場調査

会場調査の案件では、指定された日時に会場へ行き、調査員の指示に従って、商品・サービスについての意見を出したり、アンケートに回答したりします。

だいたいの所要時間としては、15分~30分程度が多いようで、このモニター案件での報酬は3,000円~6,000円が相場となっています。

座談会のようにほかの参加者と話す必要がなく、調査員の方とだけ話せばいいので、座談会ほどコミュニケーション能力が要求されません。モニターの報酬は、調査終了後に現金、もしくは相当額の商品券で配られます。

 

自宅訪問調査

自宅訪問調査では、調査員がモニターの自宅に訪問して、モニターの自宅の様子を見たり、その場でいろいろな質問を受けます。

調査内容によりますが、調査員は2名で数時間滞在するものが一般的です。時間が長いぶん、報酬は1万円~数万円が相場で、報酬は高めに設定されています。

報酬は座談会より高額ですが、訪問調査は対象者が非常に限られ、依頼自体も少ないので、これを頼りにして副収入を稼いでいくのは難しいといえるでしょう。

 

覆面調査(ミステリーショッパー)

覆面調査では、飲食店などの店舗に客として出向き、従業員の接客態度やサービス、商品の質などをチェックします。

当然ですが、自分が覆面調査員であることを店側に知られると、覆面の意味をなさなくなります。ですので、そうと知られないように、通常の客として振る舞う必要があります。

「そんなことできるかな?」と不安になる方もいるかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。事前にオンライン研修などがあって、チェックする項目や注意事項など、具体的な指導を受けることができます。

対象のサービスを調査するためには、商品の購入が必要になりますが、後日、必要だった費用が支払われます。報酬の相場は必要経費+3,000円~5,000円程度となっています。

覆面調査はチェーン店やフランチャイズ系の飲食店、美容サービスの依頼が多いです。ホットペッパーなどのクーポンよりも断然お得なので、レストランや美容室を探す時に利用するとかなりお得です。

モニター全般に言えることなのですが、依頼は首都圏に多く偏っているため、首都圏に住まれていない方には向いていない稼ぎ方となります。

 

モニターで稼ぐ方法の特徴・注意点

モニターで稼ぐ方法2
  • 商品を無料で試してお金を稼げる
  • モニターには、主に座談会・会場調査・自宅訪問調査・覆面調査がある
  • 在宅でできるものと、外出が必要なものにわかれる
  • 新製品を先取りできる
  • 美容関係の依頼の多くは女性向け
  • 依頼主との信頼関係が大切
  • ブログ(無料も可)を作っておくと便利
  • 治験モニターという、ちょっと怪しげ(?)なモニターもある

 

 

依頼主との信頼関係が大切

モニターは一種のアルバイトのようなものです。

アンケートでも信用が大事と述べましたが、モニターでは、アンケート以上に信用が大切になります。

ドタキャンなどはもってのほかですし、参加予定の座談会や調査を一度でも断ってしまうと、それ以降、モニターの依頼は少なくなってしまいます。

スケジュール管理が不十分で、仕事が入りそうな日などに調査予定を入れてしまうと、ちょっとしたトラブルで参加できなくなるという事態も起こり得ます。依頼主からの信用を損ねないように、確実にこなせる依頼だけを引き受けるようにしましょう。

 

ブログを作っておくと便利

試用した商品の感想や結果を広告主に提出する手段は、外出時に広告主達に直接提出したり、郵便で提出したり、ネット上で提出したりと様々です。

ネット上だとアンケートで報告したり、ブログのレビューという形で報告したりすることもあります。このときにブログを持っていないと、レビューで報告するタイプの案件を引き受けることができません。

選択肢の幅を広げるためにも、FC2ブログやライブドアブログといった、無料ブログを作っておきましょう。

 

治験モニターという、ちょっと怪しげ(?)なモニターもある

モニターの中でも、非常に需要のある分野が治験モニターです。新しく開発された薬を服用して、その結果を伝えるというものです。

ボランティアでおこなわれる治験もあれば、お金を稼げる治験もあります。

また薬のみではなく、ダイエット食品やサプリメント等も扱われます。中性脂肪や花粉症、ドライアイ、メタボ等、いろんな条件の人が参加可能ですので、無料で自分の病状を治療したい、薬代を節約したいという人にはオススメです。

治験モニターで注意することとしては、生活に制限が課せられることあるということです。たとえば、食事制限や禁煙、禁酒といったことが必要な場合があります。

「新薬ネット」や、「CVS(クリニカル・ボランティア・サポート)」といったサイトから利用することが可能です。

 

モニターで稼ぐおすすめサイト

モニターサイトで最も有名なのが、60万人以上が利用しているファンくるです。

どこでも検索できるモバイル版もあるので日々の出費をファンくるで探すだけでもかなりお得になります。

覆面調査なら、「ファンくる」以外にも「とくモニ!」がオススメとなります。

 

まとめ

以上、モニターで稼ぐ方法を紹介しました。

次のstepでは、ネットを利用した副業で1、2を争う人気の「アフィリエイトで稼ぐ方法」を紹介していきます。

NEXT ◼︎アフィリエイトで稼ぐ方法|Step14

 

当サイトでは、モニター以外にも、多くの方が実践している、人気の副業をいろいろ紹介しています。転売やポイントサイト、アフィリエイト、クラウドワーキングなどなど。

これからは、企業の副業が解禁される時代です。

多くの人がやり始めてから副業を始めても、スタートで出遅れているので、後から挽回するのは難しくなります。ですので、早くから副業に取り組んでおくことをオススメします。

副業に興味がわいた方は、下の記事などで紹介していますので、ご覧になってみてください。



<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!



主婦にも人気のポイントサイト
ポイントサイト人気No.1モッピー

600万人がお小遣い稼ぎしているサイト。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です