ふるさと納税で節約

ふるさと納税とは、ざっくり言うと好きな都道府県や市区町村への寄付です。

自分のふるさとである必要はありません。

実はこのふるさと納税を活用することで節税することができ、寄付した金額より大きなリターンを得ることができるのです。

しかも、各都道府県、市区町村の応援によって社会貢献もできて素晴らしい仕組みなんです。

所得税と翌年の住民税が控除される
寄付の御礼に特産品が貰える
寄付したお金の使い道をあなたが決められる

確定申告の際に2000円の支払いが必要ですが、見返りとして2000円よりはるかに価値のある商品をゲットできますので、差し引きで節約できます。
さらに、モッピーなどのポイントサイトを利用すると1%分のポイントがもらえます。

具体的に何をすれば良いのか

さて、魅力がいっぱいのふるさと納税ですが、どのような手順で行うのかを説明します。

1.寄付先を決める
自分の好きな都道府県、市区町村から選んでも良いですし、御礼として貰える特産品から選んでも良いです。
2.寄付する金額を決める
大抵、寄付する金額に応じて御礼の特産品で何を貰えるのか記載されています。
寄付した金額のほとんどが手元に戻ってきますので、それを考慮して金額を決めましょう。
3.寄付の手続きをする
ほとんどの自治体がインターネットでの申込みに対応しています。
クレジットカード払いと振込用紙で入金します。
4.御礼に特産品と寄付証明書を受け取る
希望の特産品と寄付証明書がご自宅に届きます。
寄付証明書は確定申告に必要になりますので大切に保管しましょう。
5.確定申告をする
これを行わないと税金の控除が受けられませんので必ず行いましょう。
毎年2月~3月に行います。
確定申告についての詳細は下に記載します。
確定申告

ふるさと納税は厳密には納税ではなく寄付です。
寄付した金額が税金から控除されます。(2,000円以上の寄付が対象)
控除を受ける為には確定申告を行う必要がありますが、確定申告書類はインターネット上で簡単に作成することができます。
https://www.keisan.nta.go.jp/h27/ta_top.htm#bsctrl

ここで作成したものを印刷して郵送すればOKです。

以下のものが必要になりますので、確定申告までに準備をしておきましょう。

寄附証明書(寄付した時に貰えます)
源泉徴収票(勤め先から貰えます)
口座情報
印鑑
控除は翌年の税金に対してはたらきます。

ふるさと納税を活用して、おトクに特産品をゲットしましょう!


<script>” title=”<script>


<script>
<script>


<script>

記事が参考になった方はフォローしてくださると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です