Dogecoin(ドージコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

Dogecoin(ドージコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所

この記事では、仮想通貨のDogecoin(ドージコイン)について、その特徴などを紹介しています。

▼当サイトからの申し込みが多い仮想通貨取引所のランキングはこちら!
【1位】ザイフ(Zaif)【ビットコインの売買手数料が1番安い取引所!当サイトからの申込数もNo.1でオススメ!】
【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)ビットコイン売買高国内No1!セキュリティ重視ならここ!
【3位】QUOINEX国内で唯一QASHが買える取引所。セキュリティ面も手数料も優秀で世界展開も進行中!
【4位】GMOコイン大手GMOグループによる運営で急成長中の取引所。取扱通貨も順次拡大中

 

通貨名Dogecoin(ドージコイン)
通貨略号DOGE
公開日2013年
時価総額順位下のRANK参照
発行上限枚数上限なし
取り扱い国内取引所Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)
取り扱い海外取引所Poloniex(ポロエニックス)
Kraken(クラーケン)
Bittrex(ビットトレックス)
etc.
公式サイトDogecoinの公式サイト
ホワイトペーパー

Dogecoin(ドージコイン)の基本情報

Dogecoin(ドージコイン)は、略号がDOGEの仮想通貨(暗号通貨)です。2013年に公開されました。モナーコインなどと同様、柴犬をモチーフにしたおふざけ仮想通貨の一つです。

当時人気を博した「Doge」という柴犬のミームをモチーフしています。「かぼすちゃん」という日本の柴犬がモデルになっていることでも知られています。

当初はビットコインをコミカルにもじったような位置づけでしたが、ジャマイカのボブスレーチームのソチ冬季五輪出場のための寄付手段として使われたり、著名な起業家がドージコインと引き換えに別荘を売りに出したりした結果、話題になりすぐに人気の仮想通貨となりました。

ドージコインは元々ビットコインのおもしろ版として作られたので、ビットコインライトコインと同じような特徴を持っています。

まず、発行総量は、ビットコインは上限2,100万、ライトコインは8,400万ですが、ドージコインに上限はありません。上限がないにも関わらず、採掘速度が非常に速いです。

また、ブロック生成間隔が早くビットコイン10分、ライトコイン2分に対し、ドージコインは1分となっています。取引承認システムにはPoW(プルーフオブワーク)を採用しています。

ドージコインは寄付などの特殊な使われ方をしていることもあり、注目度の高い仮想通貨です。ドージコインのコミュニティが中心となり、さまざまなプロジェクトに対し寄付金を募る活動などもしています。マイクロチッピングという新たな可能性を秘めており、独自のポジションを確立する可能性があります。

 

Dogecoin(ドージコイン)の特徴

  • 通貨の略号はDOGE
  • 柴犬がモチーフのおふざけ通貨
  • 発行上限が無限なので、大きな値上がりは期待できない
  • 寄付によく使われており、独自のポジションを確立
  • Doge Marketが存在している

 

寄付によく使われている

ドージコインはジャマイカのボブスレーチームのソチ冬季五輪出場のための寄付手段として使われましたが、他にもさまざまな寄付に活用されているのがドージコインの大きな特徴です。チップのような役割を果たしており、しっかりしたポジションを確保している仮想通貨です。

 

Doge Marketの存在

Doge Marketは、Reddit内にあるコミュニティサイトです。

Doge Marketでは、ドージコインで商品を購入したりビットコインに交換したりすることができます。ドージコインの普及に一役買っているサイトです。

 

Dogecoin(ドージコイン)の価格推移・チャート

Dogecoin(ドージコイン)のチャートは、Crypto Currency MarketCoinGeckoで確認できます。


ドージコインは特殊な使われ方をしていることもあり、他の仮想通貨に比べあまり値動きのない仮想通貨と言えます。

リリース直後に急上昇したことはありましたが、20176月時点での相場としては1DOGE=0.03円~0.05円あたりで推移していました。発行上限がないこともあり、しばらくは大幅な価格上昇は見せませんでしたが、認知度の高まりなどを受けて、2017年末から一気に4倍以上の値上がりを見せました。

 

Dogecoin(ドージコイン)の購入方法・取引所

Dogecoin(ドージコイン)を取り扱っている世界の取引所は下のとおりです。

Dogecoin(ドージコイン)とは|仮想通貨の特徴・価格・チャート・取引所3

日本の取引所では、BTCBOXが扱っていましたが、現在は扱いをストップしています。代わりに、Mr. Exchangeで売買が可能となっています。

海外の取引所では、Poloniex(ポロエニックス)Kraken(クラーケン)Bittrex(ビットトレックス)HitBTC(ヒットビーティーシー)などほとんどすべての取引所で取引が可能です。

Bittrex

アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所。アルトコインの種類は200種類程度。手数料は0.25%。手数料が高いので、サブとして利用。

Poloniex

アメリカの仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は100種類前後だが、売買量は世界トップクラス。手数料は0.10〜0.15%。筆者はこことHitBTCを主に利用。

HitBTC

ヨーロッパ系の仮想通貨取引所。売買できるアルトコインの種類は200種類超。手数料は0.09%〜0.10%。筆者はPoloniexとHitBTCで資金を半々ぐらいで運用中。

 

海外の取引所で取引するには、国内で口座を開設し、BTCなどで送金する必要があります。規模の小さい取引所で口座した場合、倒産や資金が取り出せないといった事態に陥るリスクが高くなるため、大手のビットフライヤーやコインチェック、ザイフで口座を開設して取引するのが安全です。

取引・送金手数料の安さ重視なら、コインチェックザイフセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーを利用するのがオススメです。

それぞれの取引所で口座を開設する方法は、下の記事で紹介していますので、「何から始めたらいいかわからない…」という方は参考にしてみてください。

 

まとめ

以上、Dogecoin(ドージコイン)について紹介しました。

この記事をお読みになった方の中には、「Dogecoinについて興味が出たけど、自分で購入するのはちょっと不安」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方向けに、自分のお金を使わずに仮想通貨を入手する方法というものがあります。一つはアフィリエイトとよばれる方法、もう一つはポイントサイトを利用する方法で、どちらも副業として人気トップクラスの方法です。

例えば、取引所のコインチェックのアフィリエイトでは、1人紹介すると最大23,000円の報酬が支払われますし、ポイントサイトのモッピーであれば、紹介数が増えると毎月10万円の収入をなにもせずに稼ぐことも可能です。

 

下の記事でやり方を紹介していますので、興味がある方はご覧になってみてください。
仮想通貨の取引を始めたいという方は、Zaifビットフライヤービットバンクからどうぞ!

アフィリエイトやポイントサイトで仮想通貨を稼ぐ方法はこちらから

 

ビットコイン
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 


 

GMOコイン
ビットトレード









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です